きれいな肌のために|新しい自分へ生まれ変わるために美容外科で治療|魅力アップ

新しい自分へ生まれ変わるために美容外科で治療|魅力アップ

きれいな肌のために

ドクター

紫外線を浴びることで皮膚の中にメラニン色素が発生し、しみになります。通常であれば、皮膚の新陳代謝により徐々に体外に排出されて、もとの皮膚の色に戻りますが、新陳代謝がうまく行われなかったりメラニン色素が何らかの理由で皮膚にとどまって、しみが消えずに残ることもあります。顔や手にしみがあると、実年齢よりも老けて見えますし、濃いしみは化粧でカバーすることもできません。しみで悩んでいる人は大勢いて、そのためにしみ治療に長けているクリニックも数多く存在します。しみは、紫外線以外にもホルモンバランスの崩れや加齢によっても生じます。原因が異なるとしみ治療の方法も変わるので、自分のしみがどんなタイプかまずクリニックで診断してもらうことが大切です。

しみ治療の方法はいくつかあります。まず内服薬や外用薬を用いて、メラニン色素に働きかけたり、皮膚を白くさせたりします。これらは皮膚が新しくなるまでに時間がかかるので即効性はなく、しみが消えるまでじっくりと待つ必要があります。美容クリニックでよく行われている方法は、レーザーを用いたしみ治療です。レーザーをメラニン色素に当てることで、かさぶたとなって皮膚から剥がれ落ちるようにします。レーザー治療自体はすぐにすみますが、かさぶたとなって剥がれ落ちるまではには数日かかります。また、レーザーによるしみ治療を受けると術後の肌は敏感になっているので、通常よりも紫外線に気を付けて、外出の際は日焼け止めクリームを塗ることを忘れないようにします。レーザー治療は医療機関であるクリニックでしか受けられませんが、ほとんどが美容目的の施術となるため保険が適用されないので注意が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加